ナギカラについて

奈義町は、2002年に住民投票で「合併しない」ことを選びました。
2015年には約6000人の人口を維持していこうと皆で決めました。
小さな町を自分たちで守っていくのは、簡単なことではありません。

折しも動き出した地方創生を、奈義町はチャンスだと考えています。
これまでも取り組んできたけれど、まだ十分な解決に至っていない問題や、取り組みたくてもできていなかった課題。そういったことを行うチャンスです。

2015年には、創生総合戦略を策定し、次の世代のために、思い切った施策や魅力ある施策に取り組むことにしました。
この創生総合戦略は、1000名の町民と中高生全員へのアンケートと、町内の様々なグループや団体へのインタビューを行った上で、19名の町民がワークショップ形式で素案をつくりました。
さらに、町内の各種団体を中心とした審議会での議論を経て、町から議会に提案され、議決されました。

次は、これを実現していかなければ。
そこで、ナギカラが生まれました。
一般社団法人ナギカラは、町が地域再生推進法人に指定した団体で、町や町民や外のひとや会社が一緒に活動します。
町民感覚や奈義らしさを大事にしながら、違った発想や専門性も取り入れ、外とも広くつながってまちづくりの輪を拡げていきます。

実行するときには、役場の中の「戦略課長会議」と連携し、またナギカラと各課の担当者が一緒になって行うことで、意識を合わせて同じ方向に向かって進んでいます。
大きなテーマの場合には、役場の若手職員のプロジェクトチームを立ち上げ、ナギカラのスタッフも加わっています。テーマに合わせ、町民の皆さんとも話し合っています。

このサイトでは、そんなナギカラの様子をお伝えします。

代表理事   奥 正親
副代表理事  延原道正
専務理事   一井暁子
理事     大内善文 小阪賢徳 林 和弘

左から、林、一井、奥、延原、小阪、大内
町民、役場職員、外からのひと。多様なメンバーが力を合わせて頑張ります!